船橋会の運営について

船橋会は小田急線千歳船橋駅北側から環状8号線までの船橋1丁目、3丁目全域 2丁目、4丁目、7丁目をテリトリーとして約3,200世帯(平成27年4月現在)で構成されています。地域の中央部に斜めに荒玉水道道路があります。

昭和22年(西暦1947年)、船橋防犯協会として発足、昭和29年4月に船橋会と名称を変更しました。 発足当時は防犯・防火が主体でしたが、現在は守備範囲を拡大して、行政事務の支援、防災訓練実施、町の美化、社会福祉活動支援、学校との連携による教育支援、おまつり等による地域住民の融和など多岐にわたっています。役員及び船橋会女性部、日赤、民生、社協、青少年地区委員など各分野の協力により数多い事業を円滑に推進しています。

メインメニュー